著者アーカイブ nakano

著者:nakano

『「座りすぎ」が寿命を縮める(大修館書店)』が発売されます

『「座りすぎ」が寿命を縮める(大修館書店)』が10月20日発売されます。座りすぎは、健康を損なうリスクを大きくします。日本人はいったいどれくらい座りすぎているのか、なぜ座りすぎはからだに悪いのか、どんな健康リスクがそこにあるのか、などについて早稲田大学スポーツ科学学術院岡浩一朗教授がわかりやすく解説します。

SE:編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>Amazonで購入する

著者:nakano

『なぜ一流の人は、ご先祖さまを大切にするのか?(すばる舎)』が発売されました

『なぜ一流の人は、ご先祖さまを大切にするのか?(すばる舎)』 が9月22日に発売されました。成功している経営者の中には、会社の中に神社や仏壇をつくって社員にもお奉りするよう指導している人がいます。私生活でも、仏壇に線香やお水を上げたりしてご先祖さまへの感謝の気持ちを表現しています。なぜ、成功している人、一流の人は先人への感謝の気持ちを忘れないのか? その秘密をわかりやすく紹介します。

SE:企画・編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>Amazonで購入する

著者:nakano

『まほうのひらがなれんしゅうちょう(日本文芸社)』が発売されました

『どんな子でもすぐにきれいな字になる! まほうのひらがなれんしゅうちょう(日本文芸社)』が9月6日発売されました。

「えをみる」「ゆびでふれる」「じゆうにかく」3つのステップでどんな子でも、すぐにきれいな字がかけるようになる「まほうのひらがなれんしゅうちょう」かわいいイラストを見ることで、子どもは飽きずに楽しみながら書き方のコツを知ることができます。

正しく美しい「ひらがな」を覚えさせるには、文字をなぞるのではなく、子どもが自ら積極的に取り組めるような、楽しいしかけが必要です。本書はイラストレーターの大久保友博さん書き下ろしのイラストをふんだんに使って楽しく学べる1冊に仕上がっています。

SE:執筆・編集・ブックデザイン・DTP

>Amazonで購入する

著者:nakano

クリティカルな思考法

クリティカルとは、 批判的とか論理的といった意味。 私たちはクリティカルな思考法を身に付けておかないと実体経済で大きな損をする。

たとえば、こんなこと売り口上に接したことはないだろうか。
「芸能人の○○さんも使っています」(ハロー効果:ある際立った特徴にひきづられ、他の特徴の評価がゆがめられること)、「試食、食べ放題!」(反報性:恩を受けた人には報いようという気持ちが働くこと)といった具合に、心理学で立証された手法を使って、日々、営業活動が行われているのが、現在の資本主義社会である。

詐欺の手法、マインドコントロールなどを研究する社会心理学の西田公昭教授は、
「詐欺師が使っているテクニックは、私たちが普段目にする合法的な売り手の広告の打ちかたとか、有能なセールスマンの口上と同じもの。ただ、違うのは、程度と倫理観」という。

詐欺とまではいわないものの、私たちも知らず知らずのうちに詐欺的な手法を用いて、営業活動をしているのだ。これに対して、論理的、批判的に思考したうえで、冷静に決断しようとするのが、クリティカルシンキングというもの。クリティカルシンキングの方法を、実際の購買場面で解説し、どうしたらよい決定ができるのか?その理論思考のベースになる本を目指す1冊。

◆本コラムへのお問い合わせはこちらから
著者:nakano

『戦争を知っている最後の政治家〜中曽根康弘の言葉(ブックマン社)』が発売されました

『戦争を知っている最後の政治家〜中曽根康弘の言葉(ブックマン社)』が8月2日発売されました。1982 年から1987 年にかけての5年間内閣総理大臣を務めた中曽根康弘。国鉄・電電公社・専売公社の民営化を成し遂げ、ロナルド・レーガン大統領と「ロン・ヤス関係」とよばれる信頼関係を構築して日米安全保障体制の強化にも努めたその政治手腕・政治哲学を政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語ります。

SE:編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>Amazonで購入する

著者:nakano

『貯金1000万円以下でも、老後は暮らせる!(すばる舎)』が発売されました。

「老後資金は、最低でも3000万円はないと暮らせない」などと言われていますが本当なのでしょうか? 貯金が思うようにできなかったという人はどのような知識・情報が必要なのでしょうか? 多くの人がかかえる老後のお金の不安をファイナンシャルプランナーの畠中雅子先生と村井英一氏がわかりやすく解説する一冊。

SE:企画・編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>Amazonで購入する

著者:nakano

資格試験に“超速”で合格するために重要な2つの考え方

超速で資格試験に合格る勉強法(すばる舎)』がlifehackerで紹介されました。著者の尾本一明さんは、工業高校卒業後「人生を変える」ために一念発起し、働きながら資格の勉強を始め、宅地建物取引士、社会保険労務士、行政書士などの資格試験に合格しました。本書は著者の尾本さんが努力を重ねるなかで蓄積した「超速で資格を取得するノウハウ」を全公開しています。

『資格試験に超速で合格(うか)る勉強法』(尾本一明著、すばる舎)の著者は、行政書士・社会保険労務士。しかし、現在に至るまでの道筋は決して楽なものではなかったようです。

SE:企画コーディネート・編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>lifehackerの記事全文を読む

>Amazonで購入する

著者:nakano

それでも「振り込め詐欺」に遭う人がいる理由

マンガでわかる高齢者詐欺対策マニュアル(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』 が東洋経済オンラインで紹介されました。『マンガでわかる高齢者詐欺対策マニュアル』は、さくらエディションで企画・編集から印刷・製本まで一気通貫で本作りをお手伝いさせていただきました。

人の判断力は、心の状態に大きく影響されます。人は誰でもリラックスしているときには正しい判断をすることができますが、緊張していたり、プレッシャーがかかるような場面では、いつものように合理的な判断ができなくなるものです。実際に詐欺被害に遭った人も「あのときもっと落ち着いていればだまされなかったのに」と悔やむ人が多いのです。これは、だます側が、正常な判断ができないようにあなたの心の状態をコントロールしているからなのです。

SE:企画・編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>東洋経済オンラインの全文を読む

>Amazonで購入する