『戦争を知っている最後の政治家〜中曽根康弘の言葉(ブックマン社)』が発売されました

著者:nakano

『戦争を知っている最後の政治家〜中曽根康弘の言葉(ブックマン社)』が発売されました

『戦争を知っている最後の政治家〜中曽根康弘の言葉(ブックマン社)』が8月2日発売されました。1982 年から1987 年にかけての5年間内閣総理大臣を務めた中曽根康弘。国鉄・電電公社・専売公社の民営化を成し遂げ、ロナルド・レーガン大統領と「ロン・ヤス関係」とよばれる信頼関係を構築して日米安全保障体制の強化にも努めたその政治手腕・政治哲学を政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語ります。

SE:編集・ブックデザイン・DTP・印刷・製本

>Amazonで購入する

著者について

nakano administrator