朝日新聞と日経新聞の制作原価は?

朝日新聞と日本経済の新聞制作の原価をみてみましょう。
両社の単体ベースの決算書から計算してみた。

たとえば、朝日新聞と日経新聞の販売価格を1000円として、たとえてみましょう。
朝日新聞
材料費 128円
人件費 208円
編集費 52円
制作費 8円
印刷費 117円
広告費 25円
合計 650円

日経新聞
材料費 93円
人件費 143円
制作・印刷費 125円
その他 72円
合計 576円

原価合計は朝日新聞が650円、日経新聞576円と、朝日新聞の方が原価が高いようです。人件費の割合が朝日の方が上回っているからでしょうか。
朝日新聞の「広告費」は、広告代理店への手数料だと推定されます。

一方、1000円にあたりの経費は以下の通りです。

朝日新聞
給料手当 47円
退職金 11円
法定福利費 9円
販売費 187円
発送費 35円
合計 338円

日経新聞
給料手当 74円
販売費 96円
発送費 59円
合計 370円

 販売経費は朝日新聞338円、日経新聞370円と、日経新聞の方が高くついています。
 
 結局、売上高から原価・経費を差し引いた儲け(営業利益)は以下の通りです
朝日新聞 日経新聞
14年度 13円 67円
15年度 29円 59円
16年度 11円 53円

新聞事業における利益率は、日経新聞に軍配を上げていいようです。

乗用車メーカー 社内取締役の平均年俸

日本経済を牽引しているだけに、乗用車メーカーの社内取締役の年俸は、
業種的にはトップ水準です。

社内取締役の平均年俸(16年度)
日産自動車(7201)  2億4350万円
トヨタ自動車(7203) 2億0150万円
スズキ(7269)      9016万円
SUBARU(7270) 8716万円
マツダ(7261)     7912万円
ホンダ(7267)     7433万円
三菱自動車(7211)    4893万円

燃費不正問題が発覚し、事実上、日産グループに入った三菱自動車は、
年度中に6人退任していますが、3か月在任4人で1人などと調整すると
平均5000万円弱。その三菱自動車を除いては、日本ではトップ水準の平均年俸です。

もちろん、個々の年俸が高額であるため、平均も高くなっています。
1億円以上は、トヨタ自動車が6人、日産自動車が4人、ホンダ、スズキ、マツダ、SUBARUが各1人です。
日産のカルロス・ゴーン会長が10億9800万円。同社の西川社長が3億9600万円です。
トヨタ自動車の豊田章男社長が6億8300万円、スズキの鈴木会長は1億6100万円でした。

朝日新聞社東京本社のお値段は?

朝日新聞社・東京本社ビル

毎日、築地市場を見下ろしているのですが、
築地市場の移転について、朝日新聞の紙面での主張はなかった気がします。
記憶があいまいですが、賛否を明確にしなかったのでしょう。

それにしても、本社ビルは古くなりました。土地を入れてもその資産価値は
251億円です。日経の半分以下です。
ただし、朝日新聞社はビル・土地持ちです。以下、主なビルの資産価値。
有楽町センタービル  49億円
有楽町駅前・イトシア 35億円
中之島フェスティバルタワー・ウエスト 何と475億円です。

合計有価固定資産2191億600万円 うち土地が592億6600億円

これらによる不動産業が、新聞事業を支えているのが現実です。

どちらが高い? 日本経済新聞社・東京本社ビルと経団連ビル

皇居にも近い大手町に建てられている
日本経済新聞社東京本社ビルと経団連ビル。
〝財界の新聞〟と揶揄されることもあるように、
隣の経団連ビルより少しだけ低いのは、配慮したからでしょうか。

2009年に竣工した日本経済新聞社・東京本社ビル
減価償却のため、資産価値の推移は以下の通りになっています。

12年12月期 750億円
13年12月期 733億円
14年12月期 720億円
15年12月期 708億円
16年12月期 699億円

ただし、土地は減価償却の対象ではありません。
簿価は521億5100万円です。